楽天カードの学生限度額

楽天カードの学生の限度額はいくら?増枠するためのポイントは?

楽天カード 学生 限度額

楽天カードは年会費無料でありながらポイント還元率が高く、審査も通りやすいことから学生にも人気のクレジットカードです。

とはいえ、クレジットカードを持つときには、そのカードでいくらまで買い物ができるのかという利用限度額が気になりますよね。

「パソコンを買いたいけれど、カードの限度額が足りない!」
「教材やサークルで使う用具をカードで買っていたら限度額が一杯になった…」
「カードの限度額がもっとあれば、卒業旅行で海外に行けるんだけど…」

という声もよく聞きます。

はたして、楽天カードを学生が作ると限度額はいくらになるの?

学生でも限度額を増枠することはできるのか?

また増枠するためにはどうすればいいのでしょうか?

この記事では、そんな不安や疑問をお持ちの学生さんも安心してカードを作ることができるように、楽天カードの学生の限度額や、増枠するためのポイントを解説していきます。

楽天カードの学生の限度額はどのくらい?増枠はできるの?

楽天カード 学生 限度額

楽天カードの入会資格はただひとつ、「18歳以上(高校生は不可)」ということだけです。大学生や専門学校生であれば問題なく申し込むことができます。

アルバイトをしていなくて収入がゼロであっても、親の収入などを考慮してくれるので、学生でもカードを持つことができるのです。

ただし、利用限度額はどうしても低めになってしまいます。

では、

  • 実際のところ限度額はいくらなのか
  • 増枠するためにはどうすればいいのか

ということを詳しくお話ししましょう。

学生の限度額は10万円が相場

楽天カードの利用限度額の上限は100万円です。しかし、100万円もの限度額が認められるのは安定した収入のある社会人の中でもかなり良い条件を備えている人に限られます。

学生の場合は30万円が上限とされています。ただ、最初から30万円の限度額が認められる人はほとんどいません。

学生が楽天カードを作った場合の限度額の相場は10万円です。人によっては5万円になる場合もあります。

これは楽天カードに限った話ではありません。学生が作れるクレジットカードのほとんどは限度額が5~30万円で、多くの場合は10万円とされるのが相場です。

学生でも限度額を増枠できるの?

学生は楽天カードの限度額を増枠することはできないと言われることもありますが、誤解です。

たしかに学生の限度額の増枠についてはハードルが高いのは事実ですが、不可能なことではありません。

楽天カードは申し込みから作成後のいろいろな手続きまでの全てを基本的には楽天e-NAVIというサイトでオンラインで行います。

この楽天e-NAVIでは学生が限度額の増枠を申請することができなくなっているために、学生は増枠できないという誤った情報が流れているのでしょう。

しかし、楽天コンタクトセンターに電話をすれば増枠の申請はできます。

楽天カードでは学生にも上限30万円の限度額が設定されているのですから、そこまでなら増枠することも不可能ではないのです。

では、どうすれば増枠できるのでしょうか?

学生が楽天カードの限度額を増枠するための3つのポイント

楽天カード 学生 限度額

学生でも楽天カードの限度額を30万円までは増枠することが可能だとお話ししましたが、確実に増枠できるのかというとそんなことはありません。正直なところ、かなり厳しいです。

学生だとどうしても収入が低く、しかも不安定なので、カード会社としても低い限度額でカードは発行するものの増枠には簡単には応じてくれないのです。普通にしていたら増枠はほぼ不可能と言っても過言ではありません。

その意味で、先ほど指摘した「学生は楽天カードの限度額を増枠することはできない」という説もあながち嘘とも言い切れないほどです。

しかし、カード会社は顧客の信用度を判断して限度額を決めているのですから、信用度を上げれば増枠できる可能性は高まります。

そこで、信用度を上げるための3つのポイントをお話ししましょう。

アルバイトをして収入を増やす

楽天カード 学生 限度額

最短で信用度を上げる方法は、収入を増やすことです。

学生だからといってお金を稼いではいけないという決まりはありません。極端な話、学生でも月に数百万円稼いでいる人もいるわけです。

そこまで稼ぐ必要はありませんが、もし余裕があれば積極的にアルバイトをして収入を増やすのも良いことです。

ただし、学業や就活に支障をきたすほどにアルバイトをすることはおすすめできません。学生のときには様々な体験をしておいたほうが良いでしょう。

限度額を増枠するためには安定した収入があることが重要なので、短期的なアルバイトでは増枠は期待できません。

長期的にアルバイトを頑張れば増枠も期待できますが、楽天カードの限度額を増枠するためにアルバイトに明け暮れる生活になってしまうと本末転倒なので、ほどほどにしておきましょう。

一時的な増枠を申請する

楽天カードでは、限度額の一時的な増枠を申請することもできます。

普段は10万円の限度額でやりくりできるけれど、引っ越しや卒業旅行などのイベントで一時的に大きな出費がかさむときによく利用される制度です。

一時的な増枠が認められると2ヶ月間だけ限度額が増枠され、その後は自動的に元の限度額に戻ります。

ただ、一時的な増枠ではあっても審査は必要で、必ずしも通るとは限りません。それでも、普通に増枠を申請するよりは審査を通過する確率が高いことは間違いありません。

カード会社としても、2ヶ月だけなら増枠のリスクが低いので。

やみくもに増枠を申請するよりも、どうしても必要なときだけに絞って一時的な増枠を申請するのは有効な手段と言えるでしょう。

良いクレヒスを積み上げる

クレヒスというのは「クレジットヒストリー」の略で、カードの利用歴のことです。

長期間にわたってカードを継続的に利用して、支払いの遅延もなければ、カード会社から優良顧客という印象を持ってもらえます。良いクレヒスを積み上げることで信用度が上がるので、限度額の増枠が認められやすくなります。

低い限度額の枠内でコツコツと利用を重ねていきましょう。

スマホや携帯電話の料金の支払いや、一人暮らしの方であれば水道光熱費や家賃などもカード払いが利用できる支払いには楽天カードを利用しましょう。

こうすることで、毎月着々とクレヒスが積み上がっていきます。

限度額を増枠する方法としてはこれが王道なのですが、時間がかかるというデメリットがあります。

カードの利用を始めてから増枠の申請をするまでには最低でも半年、できれば1年ほどの期間をみておいたほうが良いでしょう。

半年以内に卒業旅行を予定している方には間に合わないかもしれませんが、長い目で見ればこれが最もおすすめできる方法です。

楽天カードの限度額を増枠したいならやってはいけない3つのNG行為

楽天カード 学生 限度額

「10万円では全然足りない!」
「少しでも早く増枠したい!」

こういう気持ちはわかりますが、焦って行動するとかえって信用度が下がり、増枠が遠ざかってしまう危険があります。

特に以下の3つの行為はついついやってしまいがちですが、下手をすると将来にわたって不利になりかねないので要注意です。

何度も増枠申請をする

「学生でも無事楽天カードを作れたものの、限度額が10万円しかない!」

「ダメ元で増枠申請してみようか…」

気持ちはわかりますが、増枠申請を何度も繰り返すのはNGです。カード会社から見れば、あなたはお金に困っていて金策に走っている人のように見えてしまうのです。

何度も増枠申請をした記録が残ってしまうと、その後の増枠の審査でも通常より不利になってしまいます。

楽天カードはカードを発行する際にしっかりと審査をして利用限度額を決めています。状況が変わらない限り、何度審査をしても結果は同じになるはずです。

つまり、短期間に増枠申請を繰り返しても結果は変わらず、悪い記録だけが残ってしまうのです。

増枠を望むなら、最低でも半年はクレヒスをコツコツ積み重ねてからチャレンジすることです。

虚偽の内容で増枠申請する

「状況が変わらない限り増枠が認められないのなら、収入を多めに申告すれば通るかも…」

このように考える方もいらっしゃるかもしれませんが、絶対にNGです。

楽天カードはあなたの信用情報を確実にチェックしますから、虚偽の申告は必ずバレます。虚偽がバレると増枠の審査に落ちるのはもちろんのこととして、楽天カードの利用が強制的に停止され、今後楽天カードを持てなくなる可能性すらあります。

そもそも虚偽の申告をして経済的な利益を受けようとすることはれっきとした犯罪になりますので、出来心でもやってはいけないことです。

カードの利用料金を延滞する

延滞をしようと思ってする人はいませんが、特にクレジットカードを初めて持つ方は要注意です。

楽天カードの限度額を増枠するためにはクレヒスを積み上げることが大切だというお話しをしましたね。そのためには毎月楽天カードを利用し続けることが必要なのですが、使いすぎにはくれぐれも注意しなければなりません。

使えば使うほどクレヒスがたまるからといって、返済が厳しくなるほど楽天カードを使うのはNGです。一度でも延滞をしてしまうと、信用度はかなり下がります。

一度落ちた信用度を回復させるためには、コツコツと良いクレヒスを積み上げるしかありません。

結局のところ、楽天カードで限度額の増枠を勝ち取るためには焦らずにクレヒスを積み上げていくことが重要なのですね。

まとめ

学生が楽天カードの限度額の増枠を勝ち取るのは簡単なことではありませんが、限度額が低いことにもメリットはあります。

初めてのクレジットカードでついつい使いすぎてしまっても、10万円の枠内でおさまります。この程度であれば、ご両親に相談すれば何とか解決できるのではないでしょうか。

これが、社会人になってから100万円の限度額を使い切ってしまうと大変なことになります。

学生のうちは基本的には低い限度額のなかでやりくりしつつ、クレジットカードの使い方に慣れていくのがおすすめでしょう。楽天カードならポイント還元率が高いので、楽しみながらクレジットカードになれることができますよ。