楽天カードの学生審査

楽天カードの審査は学生にも甘い?申し込む前に知っておくべきこと

楽天カード 学生 審査

テレビCMやネットの広告でよく目にする楽天カード。

会員数がバンバン増えているというウワサを聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

ただ、学生さんのなかにはクレジットカードを作りたくてもいろいろ不安で、申し込もうかどうか悩んでいる方も多くいらっしゃるようです。

「未成年でもクレジットカードを持てるのかな?」

「アルバイトをしてなくて収入ゼロだけど、審査に通るのかな…」

「友達がクレジットカードの審査に落ちたと言ってたよ!」

楽天カードの審査だとどうなのでしょうか?

そんな疑問や不安をお持ちの学生さんのために、この記事では

  • 楽天カードの審査は学生だとどうなのか?
  • 審査で注意すべきポイントは?
  • 何かデメリットはないのか?

そんなところを解説していきます。楽天カードに申し込む前にぜひご覧ください!

楽天カードの審査は学生だとどうなるのか!

楽天カード 学生 審査

世の中には数多くのクレジットカード会社があり、さまざまな種類のカードが発行されています。審査が甘いカードもあれば、厳しいカードもあります。

では楽天カードの場合はどうなのかみていきましょう。

18歳以上であれば入会OK!

楽天カードの申し込み資格は「18歳以上であること」という1点のみです。18歳以上であれば学生でもカード発行OKなのです。

ただし、高校生は不可。ここでいう「学生」とは、大学生や大学院生、短大生、専門学校生など、高校卒業後に進学する学校に通っている人のことを言います。高校生は「学生」ではなく「生徒」です。楽天カードに限らず、高校生に作れるクレジットカードはありません。

収入がなくてもOK

楽天カードはアルバイトをしていない、収入がゼロ円の学生でも作ることができます。

学生専用カードならともかく、一般向けのクレジットカードを作るためには基本的には安定した収入が必要です。しかし、楽天カードなら収入ゼロ円の学生でも一般向けのクレジットカードを作ることができるのです。

なぜそんなことができるのかというと、学生の場合は審査のときに親の収入を考慮してもらえるから。楽天カードに申し込むときには世帯年収を入力する欄があります。本人に収入がなくても、世帯年収がある程度あれば楽天カードは発行されます。

楽天カードの審査が学生に優しいと考えられている理由

ここからは推測であり、楽天カードが正式に発表していることではありませんが、楽天カードの審査が学生に優しい理由として考えられる点がいくつかあります。

まず第一に、楽天カードはカード発行数を増やすことに力を入れているという点です。そのことはCMや広告をバンバン流していることからもうかがえますが、楽天カードの発行数が増えることで楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルなどの利用者が増えることも見逃せません。

そもそも楽天カードに申し込む前に楽天に会員登録することが求められます。そして、楽天市場などの楽天サイトを利用するときに楽天カードを使うとポイントが3倍、キャンペーンを活用すれば最大15倍つきます。

このように、楽天としてはサイトとカードの相乗効果で売上げの向上を狙っていると考えられます。そのためには、楽天カードをできる限り多くの人に発行して顧客を囲い込みたいという狙いがあるのでしょう。

また、楽天サイトを利用する人のなかに富裕層はそほど多くはいないはずです。収入があまり高くない人や節約志向の人、学生や主婦などがポイントを貯めながらお得に買い物をしているというケースが楽天利用者には多いと考えられます。

このような楽天サイトを利用する対象者に楽天カードを持ってもらうためには、審査を優しくした方が良いことは明らかですね。

このようなわけで、楽天カードは他社と比べても学生に融通を利かせているのは間違いありません。

楽天カードの学生の審査で注意すべき3つのポイント

楽天カード 学生 審査

楽天カードの審査は”学生ならでは注意点”があります。特に以下の3点には気をつけましょう。

未成年の場合は親に確認の電話が入る

カードを申し込んだ後、申込者が未成年者の場合は必ず親に確認の電話が入ります。これは楽天カードに限らず、未成年者がクレジットカードを作るためには必ず必要な手続です。

では、20歳以上の学生の場合はどうかと言いますと、楽天カードなら親の確認は不要です。

20歳以上になるとそもそも親権者はいなくなるので、法律上、クレジットカードを作るために親の確認は不要です。それでも、他社のカードでは20歳以上でも学生の場合は念を入れて親の確認が必要な場合が多いのです。

楽天カードの場合は、20歳以上なら学生でも親に電話が入ることはありません。

収入があってもフリーターではなく学生として申し込もう

楽天カードに申し込むときにはお勤め先や学校の選択欄があり、「お勤めの方」、「学生の方」、「年金受給の方」、「お勤めされてない方」の4つのなかから1つを選ぶようになっています。

アルバイトやパートなどで収入がある方は「お勤めの方」を選択するように指示されていますが、アルバイトで収入のある学生の場合は「お勤めの方」と「学生の方」のどちらを選んでも申し込めるようになっています。

そこで、審査に通る可能性を少しでも高めるために「お勤めの方」を選択したくなるかもしれませんが、これはおすすめできません。

「お勤めの方」を選択すると、社会人として扱われます。社会人並みの収入があるか、それより少し低い程度の収入があるのなら問題はないのですが、あまりに収入が低い場合は審査に落ちる可能性が高いです。

学生であれば、アルバイトなどで収入があっても学生として申し込んだ方が審査を通過する可能性は高くなるのです。

親がブラックの場合の対処法

楽天カードは学生の申込者については親の収入を見込んで審査をするので、親がブラックリストに登録されている場合は、残念ながら審査を通過することはできません。

ただ、未成年の学生の場合は諦めるしかありませんが、20歳以上の学生については本人にある程度の収入があれば審査を通過する可能性があります。

先ほど、アルバイトなどで収入があっても学生として申し込んだ方が良いとご説明しましたが、親がブラックなら仕方ありません。20歳以上であれば、ご自分の収入で勝負してみましょう。

年収がいくらあればOKかという基準は公表されていないのでわかりませんが、楽天カードは可能な限りカードの発行数を増やしたいわけですから、年収要件もそれほど厳しくはないはずです。

断言はできませんが、年収100万円以下でも審査を通過する可能性はあります。親がブラックでも、20歳以上の学生さんは諦める必要はありません。

楽天カードのデメリットもある

楽天カード 学生 審査

この記事では楽天カードの審査は優しいということを書いてきましたが、優しさの裏にはやはりデメリットもあります。

具体的には、以下の3点には気をつけてください。これらの点は楽天カードだけじゃなく他社のカードでもNGですが、楽天カードでは特に厳しいということになります。

短期間にカードの申し込みを繰り返さない

楽天カードに申し込みをして、万一審査に落ちたら、もう一度申し込むのは最低半年は待ってからにしましょう。短期間に何度も申し込むと、お金に困って金策に走っているという印象を持たれてしまい、審査に通る可能性を下げるだけです。

楽天カードへの申し込みを繰り返すだけじゃなく、何社ものカードに短期間にいくつも申し込むのも避けてください。カード会社は他社のカードへの申し込みやその審査の結果も情報として把握しているからです。

他社のカードに落ちた直後に楽天カードに申し込んで審査に通過したという報告もありますが、基本的には1つのカードの審査に落ちたら半年程度は待ってから次のカードに申し込むのが望ましいです。

延滞をしない

楽天カードのデメリットのなかでも一番怖いのがこれです。延滞をすると利用停止や強制解約になってしまう確率が他社のカードよりも高いのです。

楽天カードは入会時の審査は優しいけれど、継続の審査は厳しいのです。優しい審査で多数のカード会員を集めておいて、信用度の低い会員は早めに切るというスタイルを取っています。

カードの支払いを延滞しなくても、携帯電話やスマホの料金の延滞を繰り返すのも危険です。未成年の学生の場合は、親の延滞によっても影響を受ける可能性があるので注意が必要です。

虚偽の申告をしない

審査に通過する可能性を高めるために年齢や収入、他社からの借入額などを偽りたくなるかもしれませんが、絶対にダメです。ほぼ間違いなくバレます。万が一、入会時の審査でバレずにカードが発行されたとしても、継続の審査でバレます。

継続の審査でバレると、入会時の審査でバレる場合よりも大きなダメージを受けます。入会時の審査でバレた場合はカードが発行されないだけですみますが、継続の審査でバレると突然の利用停止や強制解約を告げられ、以後、二度と楽天カードを作れないことにもなりかねません。

虚偽の申告はれっきとした犯罪にもなりますので、決して出来心を起こしてはいけません。

まとめ

楽天カードは学生に対しても入会ウェルカムであるぶん、継続の面ではちょっぴり厳しいという現実をご紹介しました。とはいえ、不正をせずに普通に利用する限りにおいては全く問題はありません。

何よりも、楽天カードはポイントが貯まりやすく、ポイント還元率も高いのがメリットです。経済的に楽じゃない学生さんこそ便利でお得な楽天カードを活用して、学生生活を満喫しましょう!